3年生

◆2012年1月18日(水曜日)

ハッピータイム

2時間目休みには,児童会企画の「ハッピータイム」がありました。

今日のゲームは「お引っ越し」。

寒い体育館でしたが,ほぼ全校のみんなが集まり,たのしさであたたかくなりました!

 

◆2012年1月18日(水曜日)

児童会活動活発に!

児童集会が開かれました。
3学期に入り,児童会が停滞する時期ですが,延徳小は違います!

来年度の役員決めの選挙活動に加え,各委員会がいろいろなアイディアを絞り,学校生活を楽しく過ごしやすくしようと頑張っています。


まずは,飼育委員会の発表です。
飼育委員会は,「アイガモ週間」を作ってくれました。
寒い校舎外に住んでいるアイガモさんも,飼育委員の子どもたちが,毎日欠かさず世話をしてくれているので,とても元気です。
全校のみんなにも,外に出て,元気に触れ合って欲しいという願いです。

最後に,アイガモのクイズも出してくれました。



次の発表は,運動委員会です。

運動委員会も,寒い休み時間を,みんなで体を動かして,楽しく過ごしてほしいと願って,玉入れ大会を企画してくれました。
今日は,そのルール説明です。
みんなが楽しめるように,ルールを工夫してくれていました。
本番が楽しみです。



最後に,計画委員会の発表です。

まずは,全校正座をして,新年のあいさつから。

「あけまして,おめでとうございます!」



次に,お正月にちなんだクイズを出してくれました。
なかなかの難問でしたが,正解すると,みな,とってもうれしそう。



最後に,3学期に誕生日を迎える友達を,月別に紹介して,みんなでお祝いしました。

短い3学期ですが,これからが楽しみになる,児童集会でした。



 

◆2012年1月14日(土曜日)

選挙管理委員会始動!

学校では,いよいよ来年度の児童会役員を決める選挙が近づいてきました。

今日は,それに先立ち,各クラスから立候補して選ばれてきた,選挙管理委員の顔合わせ会が開かれました。

3年生は,初めての児童会の仕事とあって,みんなの意気込みは最高潮。
クラスの大半が立候補し,各クラス1人の委員を決めるのが大変だったようです。

来週には,候補者が公示され,選挙活動が本格的になります。

 

◆2012年1月13日(金曜日)

「ももくり三年 かき八年」♪演奏は三年


今日の音楽集会は、三年生の発表でした。

演奏した曲は「ももくり三年かき八年」です。

♪桃栗三年、柿八年、種を 植えましょ 柿の種~♪

という愉快な歌詞に、歯切れのよいテンポに乗せた明るいメロディーが合わさり、思わず体が動いてしまうようなとっても楽しい曲です。
歌を歌いながら、大太鼓、小太鼓、コンゴにマラカス、タンバリンにカスタネットとたくさんの打楽器打ち鳴らし、とても楽しく発表することができました。

次回の音楽集会では、全校のみなさんにも参加していただき、演奏を楽しむ予定です。

 



 

◆2012年1月9日(月曜日)

明日から三学期が始まります

 13日間の冬休みはいかがでしたか?心も体も元気をしっかり充電できたことと思います。

 さて、明日から三学期が始まります。三学期は登校日48日間という短い学期ですが、学習面も生活面も進級へ向けて心構えをつくる大事な学期です。しっかり目標を持ち、目標に向かってがんばりましょう。

 明日の予定  3時間授業 給食あり

          下校 1:20 (スキー教室下見のため)

 ※登校路が凍結して滑りやすくなっていたり、普段の通学路と違う様子が予想されます。安全に気をつけて登下校できるように、子どもの目線で通学路を見直していただき、危険性があれば、具体的にお子さまにお話ししてください。よろしくお願いいたします。

 

◆2012年1月7日(土曜日)

元亀の水槽は・・・

 寒い日が続いています。昼間、お日様が顔を出すと、ありがたさを感じる時期でもありますね。
 延徳小の中庭は、校舎北側にあるため、冬になると日の当たる場所がごく一部となってしまします。中庭のアイガモの池も凍りつき、ダウンを着ているといえどアイガモさんたちも寒そうですし、ワラで囲まれたヤギさんたちのお家も寒そうです。
 でも、こんな日陰が冬眠中の元亀にはぴたり。冬眠させる条件で一番大切なのは、低温を保ち、しかも温度変化ができるだけ少ないことなのだそうです。お日様が当たってしまうと、水温が一日の中で大きく変化します。また、温度が10度近くなると寝ぼけながらも目覚めて動きまわってしまい、体力を消耗してしまいます。
 それでも、この寒さです。水槽が凍ってしまうのではないかと、とっても心配。そこで、外気温と水温を計測できる器械を12月下旬から設置し、水槽の温度変化を記録してきました。すると、驚いたことに、外気温が変化しても、水温はほぼ一定で、5℃だった12月からゆっくりと温度が低下しているものの、現在は3℃。これは、たくさん入れた落ち葉の発酵熱、温度変化を緩和するレンガの効果のようです。冬眠の準備で参考にした冬眠方法の一つで、でも中野市の寒さでも大丈夫なのかとても不安でしたが、その効果に本当に驚きました。亀は、その落ち葉の中でも一番いいポジションを見つけて冬眠しているのだそうです。
 落ち葉の中で、元亀は元気にして(寝て)いるかな?あとは、体力勝負です。
 がんばれ元亀!子どもたちも、また会えると信じて、応援しているからね!

 

◆2011年12月27日(火曜日)

86日が終わりました!

86日。

1年で一番長い学期が終わりました。

終業式では,2年生・4年生・6年生が,2学期に学習したことや修学旅行の様子などを発表してくれました。

校長先生は最後に,「すすんでお手伝いして欲しい。」「安全に過ごして,3学期の始業式には全員元気に登校して欲しい」とお話しになられました。

明日から1月9日までお休みになります。
事故にあわないよう,病気にならないよう,楽しい休みになることを願います。

 

◆2011年12月26日(月曜日)

学期末大掃除も最終日

 先週から,学期末大掃除を行っています。

今日は,その最終日でした。

トイレのドアを隅から隅まで丁寧に磨く姿や,

高い窓の汚れに気づき工夫して掃除をする姿など,

期間中,校舎のあちらこちらで

気づきの掃除をしている姿を見かけました。

磨かれた校舎で,気持ちよく明日の

二学期終業の日を迎えられますね。

 

◆2011年12月24日(土曜日)

3年生 書き初め練習しました!

3年生は,保護者の方を講師の先生に迎え,習字を練習してきました。

今回は,書き初めの練習です。

大きな紙と太い筆に臆することなく,堂々とした字が書けています。
これも講師の先生の教えのおかげです。

もうじき,冬休みです。
お正月に,どんな書き初めが出来上がってくるか,今からとても楽しみです。

 

◆2011年12月23日(金曜日)

図書委員による読み聞かせ

図書委員による読み聞かせがありました。

写真を見て下さい!
読んでいる委員の子と,聞いている子どもたちの笑顔を!

アンコールがあるほど,とても楽しいひとときでした(^。^)

 

◆2011年12月22日(木曜日)

1年生 モルちゃん かわいいね!

今まで,時々3年生の教室にやってきては,モルモットと遊んでいた1年生ですが,最近,毎日のように遊びに来るようになりました。

そして,3年生にモルモットを抱かせてもらいながら,

「モルちゃん,本当に かわいいね!」

と,しみじみと言うのでした(^。^)

 

◆2011年12月21日(水曜日)

福祉週間

先週は,福祉委員会が企画した福祉週間でした。

毎週木曜日に集めていたアルミ缶や,ペットボトルキャップを,毎日持ってきてもらおうと言う企画です。
あわせて赤い羽根募金も行いました。

今日,その努力をたたえ,福祉委員長から,各学年に感謝状が届きました。
連日,天候が悪かったにもかかわらず,アルミ缶などが入ったビニール袋を手に提げて登校してきた子どもたち。

ジュースを買うのを我慢して,大切にお財布に入れてきたお金。

毎朝,昇降口は,とても温かな気持ちでいっぱいでした。
そして,教室に飾られた感謝状を見て,なにか誇らしげな表情をしていたのが印象的でした。

 

◆2011年12月14日(水曜日)

児童集会☆メリークリスマス☆

今朝の児童集会は、
体育集会でもないのに
なぜか?赤白帽子をかぶって集合。

 まず、健康委員会からみなさんが
「うがいをしよう」「手洗いをしよう」など
元気に冬を過ごせるように呼びかけました。

続いて、福祉委員会のみなさんが、
赤い羽根の募金やリサイクル品集めへの
協力を呼びかけました。
赤い羽根とリサイクル品を集めるのは、
16日金曜日までです。
毎朝、空き缶やペットボトルのふた持って
登校してくる子どもたちを見かけます。
たくさん集まるといいですね。

 

そして、児童会長さんと全校で

「メリークリスマス!」

と唱えると、 サンタさんが登場!
その赤い服を見た子どもたちは、
笑顔、笑顔、笑顔(*^。^*)。

クリスマスのクイズの○×を
赤白帽子の色で回答しました。
「クリスマスは12月24日である。」
「バツ(白)でいいんだよね。」
「でもパーティーは24日でしょ?」
「どうする?○かなあ・・・」

楽しい時間はあっという間に過ぎ、最後は
♪ジングルベル♪ジングルベル♪の歌声と
楽しげな鈴の音が体育館に響きました。


☆さて、今年のプレゼントは
        何をお願いするのかな?☆

 

◆2011年12月12日(月曜日)

3年生 ダレン先生からのクリスマスプレゼント

今回の英語は,東西合同で「ダレン先生がクリスマスでよく食べたケーキを作ろう」という授業でした。
昨年のチョコハウピアパイは,子どもにも保護者の方にも好評でしたので,今回の「Butter Mochi(バターもち)」も期待大でした。

授業では,まず,なぜハワイのケーキなのに「もち」なのかお話いただきました。
「ハワイには日本人がたくさん移住している。私のおじいさんも広島から移り住んだ。だから,日本のおもちも伝わり,ハワイのお菓子として,昔から食べられるようになった。」ということでした。
英語の学習では,単語や会話も確かに大切ですが,国際理解を深めることが何より大切です。
今回のバターもち一つとっても,日本とハワイのつながりが見えてきて,世界がつながっていることがわかるのです。
世界の国の文化や人の共通点や違いを知り,理解し,関わろうとする。
島国日本の子どもたちに必要な部分です。

次に作り方の説明です。
黒板に貼ってある日本語の説明と合わせて,ジェスチャーも交えながら教えてくださいました。
「粉はflour(フラワー),花のflowerと同じ発音ですが意味が違います。」「バターも日本の言い方と少し違います。[bʌ’tər]です。」という感じです。

さあ,ケーキ作りスタートです。

各クラス3班に分かれて,それぞれ何をしたらいいか,みんなが関われるようにするにはどうしたらいいか,頭を働かせ,気を配りながら行いました。
パイがなかった分,確かに去年より楽でしたが,去年は4時間かかったところ,今年は2時間で作りました。成長です!
180℃のオーブンで45分。
その間は,「ウノ」を楽しみました。
といっても,英語の授業ですので,特別ルールがありました。
「スペードを出す時は,『メリークリスマス!』と言う」「ハートを出す時は,『スノーマン』と言う」「7を出す時は『サンタクロース』と言う」「1枚引くときは,『ワン』と言う」というルールでした。
すぐにやり方を覚えた子どもたちは,一味違ったウノを楽しみました。
このお正月に,お家でもやってみて欲しいです。

出来上がりはこんな感じです!
ココナッツとバターのとてもいい香りがしました。

味は,子どもたちの笑顔を見ていただければわかると思います。
もちもちした触感に,去年食べたハウピアの,ココナッツミルクの味がベストマッチング!

最後に,恒例のマジックも見せていただき,大満足の子どもたち。

バターもちは,ちょっと早い,ダレン先生からのクリスマスプレゼントになりました!

 

◆2011年12月11日(日曜日)

支部長の皆様,校外指導部の皆様,ありがとうございました

冬休み前の地区児童会がありました。
冬休みに行われる行事を子どもたちはとても楽しみにしています。

まずは,冬休みのきまりを読み合わせしました。
それぞれの地区の危険個所も確認しました。
このとき,プリントにもれなく書けているか,6年生が1年生の面倒を見てくれます。
微笑ましい光景です。

続いて,地区の方のお話です。
この地区では,お楽しみ会とどんど焼きを計画してくださいました。

冬休みが今から待ちきれませんね(^_-)-☆

支部長の皆様,校外指導部の皆様,お忙しい中,ありがとうございました。
この場をお借りし,御礼申し上げます。

 

◆2011年12月2日(金曜日)

縦割り清掃が終わりました

「しゃべらないでよくできたけど,時間いっぱいできない日もあったので,今度の縦割りでは,時間いっぱいやりたいです。」
縦割り清掃の最後の反省会での一言です。
「今度の縦割りでは…」と言うところに,縦割り清掃に対する特別な思いがあるようです。
低学年は,高学年の後ろ姿を見て,掃除に一生懸命取り組む姿勢を学び,高学年は,低学年を気遣い,優しさを学びます。
縦割り清掃には,そんな素晴らしい効果があるのです。
次回は,3学期,1月下旬からになります。

 

◆2011年12月1日(木曜日)

3年生 消防署見学

3年生は,「中野市の人々の安全なくらしを守る」という学習で,岳南広域消防本部・中野消防署に見学に行ってきました。

初めに35人全員で消防署の組織や,仕事の内容,消防署の1日等について,事前にお渡ししておいた子どもたちの疑問に触れていただきながら,丁寧に,分かりやすく教えてくださいました。

みんな,一生懸命メモをとっていました。

その後,3つのグループに分かれ,消防署内や消防車両などの見学をしたり,説明をしていただいたりしました。

このグループは,初めに「工作車両」の見学をしました。

すると,ちょうど,今日2回目の緊急出動で消防署内になかった,「高規格救急車」が帰ってきました。
子どもたちが学習で訪れている消防署の方々が,市民のために働いてくださっていることを肌で感じることができた偶然でした。

工作車両は,積んでいる資器材が高価で,何千万もするという事を聞いて,みんなびっくりしていました。

その資器材や照明,梯子等を実際に出して,一つひとつ見せてくださいました。

交通事故などで閉じ込められた人を救出する時に使う「カッター」と「スプレッダー」です。

「持ってごらん」言われ,実際に持ってみると,その重さにびっくり!
これを持って,作業に当たられている救助隊員の方がいかにすごいか,実感できました。

これは,「救出用のザイル」です。
100mが袋に詰められていて,これも背負ってみました。

数歩は,顔をひきつらせながら,なんとか歩ける子どももいましたが,これをいくつも背負って,先ほどの工作機械を持っては,到底歩けません。

ところが,ごらんの通り。

隊員の方は,平然とした様子で持っています。

子どもたちは,スーパーマンを見るような眼で,見とれていました。

ここは,「通信指令室」。

子どもたちが,どうやってコンピュータで指令を出すのか,事前学習で興味の高かった場所です。

すると,ここでも偶然が。
突然,本物の入電が!

「静かに」と,合図され,目の前で,119番の本物のやり取りを聞くことができました。

交信の最後で,志賀高原にある,ある山荘からの通報テストであることがわかったのですが,通信室での仕事の様子を知る,とても良い体験になりました。


右の写真をクリックすると,その通信の一部がご覧になれます。

子どもたちは,積極的に質問もしました。

事前学習で生まれた何十個もの疑問を,堂々と質問することができました。

「仮眠室」は,子どもたちが,「本当に寝るのか?」是非知りたかった場所の一つです。

深夜の12時から朝の6時まで,確かに寝ることに使っているのだそうですが,1時間交代で寝たり起きたりするとお聞きして,「大変だな~」と実感したようです。

ここは「食堂」です。

「ご飯中に,出動することもあるのですか?」
「ありますよ。帰ってきたら,冷たくなったご飯を食べるんです。」
「チンすれば温かくなるね。あ,電子レンジあった!」

そんな会話が聞かれました。

自分たちの家の台所と変わらない部屋の様子に,やや,違和感を感じている子どもたちでした。

ここは,先ほど帰ってきたばかりの「高規格救急車」の中です。

実は,この救急救命士の方は,延徳小学校出身だそうで,楽しいトークを交えながら,救命に使われる機材の説明をしていただいたり,人形を使って圧迫蘇生の仕方を教えてもらったり,自分の心電図を測ってもらったりしていただきました。

ですので,ドアのしまった救急車だったのですが,中から絶え間なく,大きな笑い声が聞こえていました(^。^)

女性の救急救命士の方もいらっしゃいました。

実は,学校に帰って来てから,「消防士と救助隊と救急救命士,どれになってみたい?」と聞いたら,救急救命士がとても多かったのです。
しかもその多くが女の子。
「今日の女性の救急救命士の方に憧れた」と言っていました。

「化学車」と「水槽車」の説明です。

なぜ,化学車が必要なのか,どれくらい水が入っているのか教えていただきました。

意外と小さいタンクであることを知って,
「だから,貯水槽が469個も必要なんだ。」
と,納得していました。

「工作車」「通信指令室」「救急車」「化学車」「水槽車」の見学が一通り終わると,体験タイムです。


消防車両に乗せていただいたり…

本物の防火服を着せていただいたり…

綱渡り訓練もさせていただいたり…

と思ったら,遠くから黄色い声が…

延徳出身の救急救命士の方に,子どもたちが群がっていました(^_^;)

見学や体験をさせていただいた消防署の方々にお礼を言いました。

とても楽しく,詳しく,子どもたちの質問に嫌な顔一つせず,丁寧に分かりやすく教えてくださいました。

本当にありがとうございました。

最後に,質問タイムです。

まだ,解決できなかった疑問を,たくさん質問しました。

「消防士さんは,怖くありませんか?」

「怖いです。だから,一生懸命訓練をして,準備をしているのです。」

こんなやり取りがありました。

今日は,楽しい消防署見学でしたが,ここで働いている方々は,命がけで働いていることに,改めて気づいた子どもたちでした。


今日は,大変貴重な時間をいただき,ありがとうございました。

この場をお借りし,消防署の方々に,御礼申し上げます。

 

◆2011年11月27日(日曜日)

笑顔いっぱい スクールフェスティバル!

 22日に児童会主催のスクールフェスティバルがありました。日頃の委員会活動を生かしながら、全校の交流が深められるようにと企画を練り、準備を進めてきました。何かを創り出すことの難しさや、準備の大変さも感じてきたと思います。でも、当日、ゲームを楽しんでくれる全校のみなさんの様子を見て、手ごたえや満足感に変わったのではないかと思います。

 6年生は1年生とまわりました。6年生が「どのゲーム行きたいの?」「この辺をねらうといいよ。」など1年生の願いを聞いたり、優しくやり方を教えてくれたりと、そのお兄ちゃん・お姉ちゃんぶりは微笑ましかったです。

   2年生は、5年生とまわりました。とても楽しそうに仲良くまわっている姿が印象てきでした。学年を越えて、互いに応援し合いながら励まし合いながら、様々なゲームに取り組んでいました。5年生が2年生の話をしっかり聴き気を遣いながら回ってくれていました。そのお蔭もあって、2年生の子も楽しくまわることができたのかなと思います。
 4年生は3年生とまわりました。3年生をリードしながら、声をかけたり、ゲームの順番を3年生に譲ったり、お兄さんお姉さんらしい姿も見せてくれました。
 終了後「昨年のように、友だちとまわるのも楽しかったけど、3年生と一緒に行くのもすごく楽しかった!」という感想もありました。
 各委員会の受付でもらる文字をつなげると、『なかまをたいせつに!』というメッセージが現れるようにしました。
 委員会活動や縦割り班での活動を通して、全校がこれからも仲良くかかわっていけるといいなと思います。


 

◆2011年11月24日(木曜日)

3年生 中野市めぐりへ part2

  平岡共選所から、高社山の麓へ進むと、道路の両側はぶどう棚が続きました。延徳田んぼに親しんでいる子どもたちは、巨峰の生産が日本一だなんて思いもしなかったのですが、ここはぶどうの産地だと実感できたようでした。

 十三崖を見て、そのすぐ目の前のたかやしろワイナリーへ。ぶどうやりんご作りのことについて、たくさんお聞きすることができました。話の最後にごちそうになった自家製のりんごジュースは、濃厚で香りがよく、とてもおいしかったです。


  お昼は豊田の道の駅でいただきました。メニューは、そば・天丼・おやきのセットです。

そばは新物、天丼の具には市の特産物のえのきのてんぷらものっていました。

  それから、高野辰之記念へ。高野辰之さんの生涯を紹介したビデオを見たあと、館内の展示物を見学しました。昔の教科書に興味をひかれたようでした。

  見学最後は、市立博物館の展望台へのぼりました。中野市の土地の様子を360度見渡すためです。ここから南の延徳小方面には、やっぱり田んぼが多く、東方面は、お店など大きな建物が多いことなど、市の土地の様子の違いがよくわかったようでした。

 丸一日かかったでしたが、見て、聞いて、感じながらたくさんのことを学習することができました。


 次は、消防署へ見学に行く予定です。

 

 

◆2011年11月23日(水曜日)

3年生 中野市めぐりへ part1

  社会科の学習で、中野市めぐりへ行ってきました。

 まず、最初に訪れたのは、中野市役所です。

この日は、副市長さんにお会いすることができました。

子どもたちからの質問に、

終始にこやかに真剣に答えてくださいました。

 議場の雰囲気に緊張気味の子どもたちでしたが、

議員さんになったつもりで、中野市のことについて

質問をたくさんすることができました。

 バスの中から、郵便局や銀座通りの様子を観察したあと、

平岡共選所へ行きました。

 ベルトコンベアーにのったりんごが仕分けされ、段ボールに

梱包されるまでの一連の様子を興味深く見学させていただきました。

 「なぜ、北海道など遠くの県や国まで出荷されているのか」など、

教科書ではわからなかった多くの疑問について、所長さんに

教えていただきました。

 

 中野市めぐりは、まだまだ続きます。

 

3 / 10« 先頭...234...10...最後 »