3年生

◆2012年3月22日(木曜日)

3年生 お別れまで世話を続けよう

 春休み中も、モルちゃんのお世話に子どもたちが来てくれています。新聞をちぎったり、水を替えたり、とても手際がよく、感心します。世話をしながら自然と笑顔がこぼれます。今日は、妹も来てモルモットと触れ合っていました。その小さな子どもたちの面倒もみてくれていてる3年生がとても大人に見えました(^-^)。

 3年生は、学級編成により、4月から一クラスとなるため、モルモットとも亀ともお別れをすることになりました。春休み中にお別れ会をします。

 

◆2012年3月17日(土曜日)

一迎六送会

 大熊地区の一迎六送会がありました。

 まずは,新地区子ども会長から,6年生へ感謝の言葉と,縦割り班のメンバーの寄せ書き,記念品が贈呈されました。

 新一年生の紹介もありました。来年度は3名が仲間入りです。

 座布団とりゲームでは,一緒の座布団に座ってしまうと,仲良くじゃんけんです。

 はてなボックスは,こんにゃく,おしゃぶりなど奇抜な中身に盛り上がりました。

 お菓子を探す宝探しでは,見けられなかった子に,たくさん見つけた子がわけてあげていました。

 低学年は6年生にじゃれ,新一年生は会が終了するころにはニコニコしていました。とても和やかな会になりました。

 

◆2012年3月14日(水曜日)

3学期が終わりました

47日間の3学期が終わりました。

終業式の中で,校長先生は,1年生から6年生までの3学期の頑張りを取り上げ,全校の前で紹介し,ほめてくださいました。

そして,来年度に向けて,
「また,新たなめあてを持ち,取り組んでほしい」
と,お話になられました。

2名のお友達が転校してしまうことも紹介されました。
悲しい出来事ですが,2人のお友達の,新しい門出に,全校でエールを送りました。

いよいよ,明日は,卒業式です!

 

◆2012年3月12日(月曜日)

3年生 また会えたね!元亀!

 卒業式を前に,冬眠していた元亀(もとか)を起こすことになりました。
ワラをどかし,フタを開けました。水と落ち葉を汲み出し始めたら,とても嫌な臭いがしました。
(もしかしたら,ダメだったかもしれない。)と覚悟をしました。
外で厳しい冬を越せるのは2分の一。そんなHPもありました。
どんどん水をくみ出していくと,甲羅が見えました。
「あっ!動いた!?」子どもが声をあげました。
思い切って,つかみ上げると
元亀は,首を出し,手足を動かしました。
「やったあ!」みんな大喜びをし,再会を喜び会いました。
久ぶりに大好きな日光浴をし,気持ちよさそうな様子を見ていると
生きていた喜びが込み上げてきます。がんばったね。元亀☆


 

◆2012年3月11日(日曜日)

この一年間

東日本大震災から、一年が経ちます。

児童会では、例年より一層、「仲間を大切に」という意識の活動が展開され
募金活動も行いました。
五年生からは、自分たちが作った米を売った収益の一部を、
被災された方々に送りたいという意見が出ました。

先生方の通信などでも、絆や家族との団欒といった言葉が
多く見られました。

金曜日の音楽集会の前に、
全校で、黙とうをしました。

子どもたちは、亡くなられてた方々のご冥福とともに、
どんなことを祈ったのでしょうか。

教師として、未来を担う子どもたちに
何を伝え どんな力を育てたいのか
改めて自問し 誓う時間でもありました。


 

◆2012年3月7日(水曜日)

卒業式に寄せる想い

初めての卒業式の練習がありました。

練習の冒頭,全校のみんなに,
「どんな想いで,卒業式に参加するのか?」
考える時間がありました。

6年生はもちろん,5年生中心に手が挙がり,全校の前で発表してくれました。

「これまでの感謝の気持ちを込めて・・・」
「うれしかった時のありがとうの気持ちを込めて・・・」

「中学へ行っても,がんばってほしいという気持ちを込めて・・・」

等,多くの想いが発表されました。

これまでの何日も,何カ月も,何年もの想いが,今,ここにつながっていることがわかりました。

卒業式を,「素敵な式にしたい」という願いで包まれた練習となりました。

 

◆2012年3月6日(火曜日)

地区子ども会もバトンタッチ

 地区子ども会があり、6年生から5年生へ役員のバトンタッチがありました。これで、すべての役が5年生へと引き継がれました。初の司会進行を務めた新三役を見守りつつ、進行が滞りそうになるとそっとアドバイスする6年生の姿がありました。学期ごとのお楽しみ会、ラジオ体操などいろいろな場面で1~5年生をリードし、まとめてくれました。一年間、本当にお疲れ様でした。 
 今日の子ども会では、春休みの過ごし方の読み合わせ、地区の危険個所の確認、一迎六送会の内容決めをしました。一迎六送会は、楽しくゲームなどしながら、新一年生とは顔見知りになり仲良くなれる会、 6年生とは別れを惜しみ最後に楽しく過ごす会です。和やかな良い会になるように、在校生は、新役員さんや、地区のPTA役員さんに協力できるといいですね。

 

◆2012年3月6日(火曜日)

歌で伝える想い

今日,初めて全校で卒業式の歌の練習がありました。

6年生がひな壇に立つと,「いよいよだな…」という気持ちになります。

同時に,在校生は6年生に,6年生は在校生に,これまでの数えきれないくらいの「ありがとう」の気持ちを込めて歌う歌に,力と想いがこもります。

卒業まで,あと「6日」です。


 

◆2012年3月2日(金曜日)

心温まる,6年生を送る会

5年生が中心となって企画してくれた「6年生を送る会」が開かれました。

オープニングは,5年生の演奏に合わせて,1年生がお兄さんお姉さんをエスコートしてくれました。
1年生を迎える会の感謝の気持ちがこもった入場でした。
1年生に手をひかれて,ちょっとはにかんだような6年生が印象的でした。





新児童会帳からお祝いのあいさつがありました。
5年生も,もう立派最上級学年です。
体育館の壁面は,そんな5年生の最高の想いが詰まった装飾で飾られていました。


各学年の発表の一部を紹介します。





1年生は,騎馬戦で,無謀にも6年生に挑戦!

最初は軽くあしらわれていましたが,最後は,数に物を言わせて,6年生を倒してしまいました!



2年生は,運動会での6年生のかっこいい姿を再現してくれました。

応援団も登場しました。



3年生の発表では,6年生が児童会で見せてくれた「仲間レンジャー」の引退後,学校を守るために結成された「チビレンジャー」が登場しました。




4年生の発表では,大きなかぶが登場。4年生ふんする6年生が力を合わせて,抜くというストーリーでした。



5年生は,6年生一人ひとりの顔写真を映しながら,お世話になったこと,うれしかったことを発表してくれました。



各学年の発表には,歌の贈り物や手作りのプレゼントがありました。

そして6年生からも全校のみんなにも,掃除や水泳時に役立ててもらえるようにと作った雑巾と足ふきマットのプレゼントがありました。





くす玉割りでは,「ありがとう6年生」「忘れないで延徳小」の文字が飾られていました。



最後は,全校が一つの輪になって,6年生をアーチでおくりました。

ちっちゃなアーチもあり,大きな6年生は通りづらいのですが,とってもうれしそうに,背をかがめて一歩一歩踏みしめながらくぐっていきました。


今日のために,どの学年も一生懸命準備をしてきました。
そして,どの発表も,「相手を喜ばせよう」「感謝の気持ちを伝えよう」と,心がこもっていました。

寒い体育館が,とっても,とっても,温かくなりました。


卒業式まで,あと,8日です。

 

◆2012年3月1日(木曜日)

3年生 おいしい届け物

毎年,あるお子さんのおばあさんからこの時期にいただく物があります。

「やしょうま」です。

やしょうまは,こねる時,熱くて力も必要で,とても骨のおれるものです。

でのすで,大変恐縮してしまうのですが,食べるとおいしくておいしくて。
ついついそんなご苦労も忘れて,ほうばってしまいます。

3年生の子ども全員分と,先生方の分まで,たくさん作ってくださいました。

ありがとうございました。

この場をお借りし,御礼申し上げます。

 

◆2012年2月28日(火曜日)

3年生 どのくらい大きくなったかな?

 本年度最後の体重測定がありました。
 時間の最後に,保健の先生から,素敵なプレゼントがありました。水色の紙テープです。ひとりひとり長さが違います。それは,「一年間に大きくなった分」の紙テープでした。
「え!こんなに大きくなってた?」驚いていた子,「4月とそんなに変わってないような気がしていたけど,ちゃんと大きくなってたんだ。」しみじみテープを見つめる子と,感想は様々でした。
 個人差はあれ,これから成長期に突入していく年頃です。
 もりもり食べて,しっかり寝て,ぐんぐん大きくなあれ☆

 

◆2012年2月24日(金曜日)

3年生 スーパーの見学へ行ってきました

 社会の学習で、ベイシア中野店へ見学に行ってきました。延徳地区にあるスーパーなので、子どもたちにとっては馴染みのあるお店です。

 今回の学習は、自分の家の一週間の買い物調べから始まりました。その結果をクラスでまとめる中で「ぼくの家は、△△スーパーへよく行くんだけど、品ぞろえが多くて新鮮だからいいって言ってたよ。」「私のうちは、□□スーパー。仕事帰りに寄りやすいんだって。」など、消費者側からのお店選びの視点がたくさんでてきました。では、お店側は品物を売るためにどんな工夫をしているのだろうかと予想をたて、実際に見学へ行き、調べることになりました。
 開店前の準備の様子から見学させていただきました。たくさんの商品が運ばれてきて、手際よくきれいに陳列されていきます。普段買い物に来て何気なく見ていた品々も、例えば旬のものは客導線に配置するなど、その陳列の仕方にいろいろな工夫があることを知りましました。バックーヤードでは、-18℃の冷凍庫にも入れていただきました。商品に合わせた保管をしていることや、お店の裏側で肉や魚のパック詰めをしている方々がいることを知りました。最後の質問タイムでは、たくさんの質問がでて、店長さんに丁寧に教えていただきました。

 この一年間で、 延徳探検、中野市めぐり、消防書見学、きのこ工場見学と、いろいろな場所へ見学に出かけました。今回が三年生最後の見学となりましたが、しおりのメモ欄に記入しきれず、感想のページや裏表紙にまで書いている姿がありました。たくさんのメモをとれるようになり、その成長をとても嬉しく感じました。

 

◆2012年2月18日(土曜日)

3年生 児童会当番活動開始!

第1回児童会の翌日から当番活動が始まりました。
「今日は,○○ちゃん,当番だよ!」と,教室に貼ってある当番表を見ながら,互いに声を掛け合って,初めての当番を忘れないようにしています。

やや緊張ぎみで,時間の近くになるとそわそわしています。
そんな姿がとても初々しくて微笑ましいです。

これからの子どもたちの活躍に期待です!!

 

◆2012年2月17日(金曜日)

久しぶりの音楽集会

インフルエンザの流行で,集団活動を控えていた延徳小学校ですが,罹患者が下火になったことから,久しぶりに音楽集会を行いました。

寒い体育館ですが,子どもたちの元気な歌声が響き,心が温かくなったような,ほっとしたような気分になりました。

これから卒業式に向けて,学校中に歌声が響くようになります。

 

◆2012年2月14日(火曜日)

3年生 児童会デビュー

 引き継ぎ児童会がありました。3年生にとっては、初めての委員会参加です。
 三学期になり、児童会選挙、児童総会に新四年生として参加してきました。はじめは、言葉ひとつとってもわからないことだらけでした。それでも、児童総会での堂々とした6年生の姿や、活発に挙手する4,5年生の姿を見て、肌で感じて、わたしたちも児童会の一委員になるんだという気持を高めてきました。先日の学年集会で、委員会が決まったとき、全員が引き締まったとてもいい表情をしていました。
 今日の委員会に備え、議案書に何回も目を通し、来年度の活動内容を考えて参加しました。新四年生として、発言できた子も多かったようです。きっと今日の委員会で「よし、がんばろう。」という気持ちを持ったことでしょう。今後の活躍を期待しています。

 

◆2012年2月3日(金曜日)

最高のスキー日和でした!

前日まで降り続いた雪が,嘘のように晴れ上がり,最高の天気とコンディションでスキー教室が行われました。
過去数年の中で,一番の天気でした!

子どもたちも,真っ青な青空と,真っ白な銀世界の中で,思う存分滑ることができました。

講師としてご協力いただいた保護者の皆さま,世話係としてお力添えいただいた保護者の皆さま,ありがとうございました。
この場をお借りし,御礼申し上げます。


 

◆2012年1月29日(日曜日)

インフルエンザを吹き飛ばせ

 延徳小学校でも,インフルエンザの流行がはじまっています。感染力が強いため,かかってしまうことは仕方がないことですが,少しでも感染拡大を防ごうと,一日に何回も手洗いやうがい,除菌を行っています。現時点の様子では,週明けは欠席児童が減少しそうです。このまま,終息に向かうことを願っています。

 

◆2012年1月26日(木曜日)

3年生 えのきだけ工場見学

社会科の学習で、ケーアイ・オギワラさんのえのきだけ工場へ見学に行ってきました。
中野市でとれる主な農産物の中でも、えのきだけは全国一位(生産量)であることを学習していたので、そのえのきだけは、どういうふうに作られるのか、また、登下校のときに目にしている工場の中は、どうなっているのか、興味津々でした。

出荷できる大きさまで育成している大きな部屋の広さにびっくり。さらに、「一日にこの工場から出荷されている数はビン六万本分です。」と聞き、その量を目で見て実感してびっくり。最初は圧倒されてばかりいた子どもたちですが、次第にいろいろな疑問がわいてきて、工場の方に積極的に話しかけ、質問をしていました。

収穫されたきのこが、ラインにのって次々に流れてきて機械で計量される様子、パッケージされる様子に目が釘付けでした。
機械の多さにも驚きましたが、紙巻きや収穫など、手作業でしていることも多く、その正確さや素早さにすごいなあと感心していました。

 

◆2012年1月23日(月曜日)

伝統をつなげる あさがお文集

 延徳小学校では、全児童、全職員が寄稿をし「あさがお文集」を制作しています。伝統的な文集で、図書館には過去の文集が保存されています。「あっ、お父さんの文あった!へえ、三年生でSBC見学へ行ったんだ。」延徳小出身のお父さんやお母さんの文章を見つけて盛り上がることもあります。
 今年も文集の制作が始まりました。ローマ字を習いたての3年生もPC入力に挑戦しました。一文字一文字、キーボードとにらめっこ。「頭の中がローマ字だらけで、もうダメ~。」「あ~、肩凝った。。。」楽しんでいたものの、慣れない作業にとても疲れたようです(^_^;)

 

◆2012年1月18日(水曜日)

ハッピータイムの裏で…

ハッピータイムの裏で,遊ばないでみんなのために活動してた委員会があります。

選挙管理委員会です。

明日からのクラス訪問のリハーサルをしていました。

いやな顔一つせず,自分に課せられた責任を果たそうと,頑張る姿にうたれました。

 

2 / 10123...10...最後 »