伝染病・病気に関して

◆2012年1月24日(火曜日)

インフルエンザ対策のお願い

インフルエンザの流行が中野市内の学校でも増加してきておりますが、本校でも今週になり感染者が多くなってきました。

そこで、学校では、マスクの着用・手洗い・うがいの励行を徹底し、健康観察をていねいに行うことでインフルエンザの感染拡大防止に努めていきたいと思います。
各ご家庭におかれましても、インフルエンザに関する情報にご注意いただくとともに、次のように児童の健康状態に十分ご留意いただき、感染拡大防止に努めていただきますようよろしくお願いいたします。

① 児童の朝の健康状態に注意し、心配な症状のある場合は早めに休む、又はかかりつけの医師にご相談ください。
  特に、登校前に37.5℃以上の発熱がある場合は、他の症状についても注意し早めに受診していただくようおすすめします。

② 家庭での手洗い・うがいの励行をお願いします。
  手洗いは石けんを使って手首、手の平、手の甲、指の間、爪の間まで念入りに洗いましょう。
  ふだんから爪は短くし、清潔なハンカチを持つようにしましょう。
  外出後や大勢の人と接触した後などにはうがい、手洗いをしましよう。

③ マスクの着用、咳エチケットも心がけましょう。
  予防のためにマスクを着用させてください。
  咳が出ていたり、体調の悪いときは必ずマスクを着用してください。(前もって各家庭でマス クをご用意していただくようお願いします。)

④ お茶入り水筒の持参をお勧めします。(強制するものではありません)
  お茶に含まれるエピロガードカテキンという成分がインフルエンザウイルスの活動を抑える効果があると言われています。
  カテキンが含まれるお茶(緑茶、紅茶、番茶、ほうじ茶、ウーロン茶など)なら何でもよく、熱いお湯で入れるとカテキン類がよく出ます。(水で薄めて、うがいできる温度にしてください)
  砂糖やミルクなどは入れないでください。(効果が薄れます)

⑤ 社会体育、放課後児童教室などへの参加については体調を優先し自粛ください。
  体調が悪い場合は無理をせず、早めに休むようにお願いします。
  社会体育の練習・試合後は、手洗い・うがいをするよう、ご家庭でも呼びかけてください。
          ※1月27日(金)のほっぷ教室は、ありません。

⑥ 日頃から十分な睡眠と栄養を心がけ、疲れをためないようご配慮ください。

⑦ 学級閉鎖の場合は、長野県教育委員会の「インフルエンザの流行を踏まえた学校の臨時休業等の目安」により判断します。
  インフルエンザと診断された場合は、出席停止となります。


「インフルエンザ対策のお願い」家庭通知は,こちらをクリックしてご覧ください。

 

◆2012年1月23日(月曜日)

2年生 かぜ・インフルエンザに伴う学年閉鎖について

長野県教育委員会の「インフルエンザの流行を踏まえた学校の臨時休校等の目安」から,2学年を学年閉鎖とします。

期間:平成24年1月24日(火)~1月27日(金)  28日(土)・29日(日)を含め,6日間となります。

  1. 保護者の皆様には,次の点について,ご理解とご協力をお願いいたします。
    1月24日~1月29日の間,児童は,外出をせず自宅で過ごさせてください。
    インフルエンザ・かぜにかかっていない児童も,同様にお願いします。
    なお,社会体育・習い事も控えてください。
  2. インフルエンザの場合,出席停止期間は,「解熱後,2日が経過するまで」です。
    登校ができるようになった場合は,治療報告書(学校にあります)を,ご提出ください。
  3. 自宅学習について,ご不明な点・心配なことがある場合は,担任と連絡を取ってください。
  4. 学年閉鎖後も,インフルエンザにかかる場合が考えられます。インフルエンザと診断された場合には,学校へご連絡ください。


インフルエンザにかかった児童の,1日も早い回復を願っています。

 

◆2011年12月5日(月曜日)

「メール連絡網の導入」について

「メール連絡網の導入」について

延徳小学校PTA会長   樋口 宣延

PTA評議員会では,11月25日に臨時評議委員会を開催し,子どもたちの一層の安全確保のため,『メール連絡網の導入について』協議しました。
その結果,下記のようなに決定され承認されましたのでご報告いたします。
ご理解とご協力をお願いいたします。

1. 平成24年度よりメール連絡網を導入する。
<理由>
(1) 先の東日本大震災等のような自然災害は,いつ起きるかわからず,子どもたちの安全確保のために,迅速で確実な連絡手段の確保が,喫緊の課題である。
(2) 現行の学級連絡網は,主に家庭の固定電話番号で作成されているため,保護者が勤務中などで不在の場合は機能しなくなる。また,多くの家庭が,携帯電話番号を緊急連絡網に公開していないため,携帯電話に連絡する場合は,個々への対応をしなくてはならず,時間がかかる。
(3) メール連絡網は,自然災害に強く,また,同時にすべての保護者に,速く正確に情報を伝えることができる。また,後で見返すこともできる。

2. メール連絡網導入にあたっての今後のスケジュール
(1) 12月中旬に登録方法の案内を各家庭に配布。
(2) 登録開始
(3) 平成24年1月より,試験運用開始(平成24年1月から3月まで無料。平成24年4月より正式運用開始。)

以上

尚,家庭通知は,今週木曜日に配布致します。