お知らせ

◆2015年3月6日(金曜日)

学校周辺に巣箱を掛けました・・・小鳥が入ってくれればいいな!

 4年生は以前に地元の方に指導していただいて野鳥用の巣箱を作りました。もうすぐ春ということで、3/5(木)、その巣箱を学校周辺の木に取り付けました。指導していただいたのは、地域の活性化のために活動されている地元の5人の方でした。トラックにハシゴなどを積んで現場まで行っていただき、取り付けを手伝っていただきました。ありがとうございました。
 西組は2時間目に、真引川沿いの「田んぼ水族館」付近の土手沿いの桜の木などに掛けました。東組は3時間目に、学校から歩いて7~8分の「えびす山」に行って掛けました。
 現場では、子ども達は自分の巣箱を掛けたい木を、場所や枝ぶりなどを見て選びました。その後、はしごに上って実際に取り付けたのは、ほとんどが大人でした。足場が悪く、ハシゴは木の幹に立て掛ける形になったので、安定感に問題があったためです。子ども達はもっぱら、下でハシゴを押さえる役などをしました。
 1人1個の巣箱を作ってありましたので、全部で30個くらい掛けたことになります。自分が掛けた巣箱は自分が責任を持って、観察や管理をすることになっています。
 地元の皆さんなどで、巣箱が落ちてしまうなど、何か不都合なことが発生していて、学校や子ども達が気が付いていないことがありましたら、学校まで連絡をしていただけるとありがたいです。宜しくお願いします。

お世話になった地元有志の皆さん
西組は真引川の土手の木への取り 付け
子ども達はハシゴを押さえる役を担当
低い所は子ども達もできました
 上れる木は子どもが上って
 田んぼ水族館の木にも設置
東組はえびす山へハシゴをかついで
 えびす山は下の方に学校が見える景色のいい所です
 斜面なので、足場がとても不安定で注意が必要でした