5年生

◆2015年8月5日(水曜日)

北信州みどりの少年団交流集会に参加しました

 

 8/4(火)、長野県栄村の「さかえ倶楽部スキー場」のセンターハウスを会場に、みどりの少年団の交流集会が行われました。北信州の11のみどりの少年団が参加し、本校からは5年生団員が参加しました。今年は延徳小が活動内容を発表する当番校になっていました。夏休みに入る前に、活動内容が分かる写真を使い、みんなで分担して説明を練習しました。本番では野外の発表でしたが、大きな声で発表できました。
 活動発表の後、午前と午後の1時間半ほどの時間を使って「みどりに触れあう体験活動」がありました。午前の部は会場が絵手紙に関する活動が盛んな栄村ということで、野菜などの絵を描き、それに一言添えた絵手紙作りをしました。思い思いの作品ができました。
 午後は、来年の全国植樹祭の時に使うためということで、プラスチックのプランターに被せる木製のカバーを作りました。板を組み合わせて釘で打ち付けると完成になりますが、板の位置がずれないように、グループの人達で協力しながら作りました。暑い一日で大変でしたが、がんばって活動できました。

    外の広場で全体会
延徳小の活動内容を発表しました
  大判の写真を使って発表
午前の活動:野菜などを入れた  絵手紙制作
 ニンジンの絵に「いつまでも    なかよく」の言葉を添えて
 トマトの絵に「いつも支えて  くれてありがとう」の言葉を添えて
全員、絵手紙が完成しました
午後:プランターカバー作り
係の方に教えていただきながら製作
3人ほどのグループになり1つ製作
 板の位置がずれないように気を    付けて釘打ち
8個のプランターが完成し、     記念写真