ちょっと聞いて

◆2015年1月30日(金曜日)

2部合唱「ありがとう」・・・全校音楽

 

 1/30(金)の朝の全校音楽は「ありがとう」という曲を歌いました。「ありがとう・・・ありふれた言葉だけど、大切な言葉・・・」というような歌詞の歌です。年度末が近づき、いろいろな人に感謝の気持ちを表すことが多くなります。この歌のように感謝の気持ちを言葉で表せるといいなと思います。
 盛り上げるところを優しく歌ったり、歌の最後の方は声は小さく、しかし響かせるように歌ったりする練習をしました。

※以前、ここにアップしてありました歌入り動画は、その後、新しい曲がアップされたため、音楽著作権協会との契約の関係で削除させていただきました。

 

◆2015年1月29日(木曜日)

1月の全校運動 縄跳びをがんばる

 1月の朝の時間の全校運動は縄跳びでした。体育館に全校が入って縄跳びをするのは人数的に無理なので、奇数学年(1・3・5年)と偶数学年(2・4・6年)に分かれて曜日を変えてやっています。短縄での跳び方では前回しを3分間、続けて跳んだり、後ろ回し、あや跳び、二重跳びなどの技の練習をしたりしています。
 また、大縄跳びは学年毎に5分間で何回跳べるか、前の時よりはたくさん跳べるようにがんばっています。他の学年と競争しているわけではないですが、今のところ大縄跳びが一番たくさん跳べているのは6年生で、400回を少し越える位の回数です。他の学年も、6年生をお手本にがんばってほしいものです。
クリックしていただくと、6年生が8の字跳びで大縄を跳んでいる動画を再生します。約20秒

 (参考:6年生の跳んでいる回数は県教委で取り組んでいる「ながのスポーツスタジアム」の「クラスで8の字跳び」の種目に記録されている県内の6年生の記録と比べると1月現在では2位くらいのレベルにあたるようです)。

短縄の全体練習の様子

二重跳びのお手本を披露する人達
1年生も大縄跳びに奮闘中

 

◆2015年1月26日(月曜日)

中山晋平記念音楽会で4年生の受賞曲を発表・・・5年生

 今年度の中山晋平記念音楽会が1/24(土)の午後、中野市民会館で行われました。開会式では中山晋平作曲コンクールに入賞したみなさんの表彰がありました。今年度、本校は4年生の伊東樹生(たつき)さんの作詞・作曲の「ぼくのグローブ」という曲が優秀賞、4年生の土屋寿梨(じゅり)さんの「ペペロンチーノ」、同じく4年生の荻原はなさんの「ピアノ」という曲が佳作に入選し、壇上で表彰されました。また、本校5年生は伊東さんの曲と茨城県北茨城市の中学2年生の岩間朱香さんの作った「君へ」の2曲の発表と、最後の全員合唱の「シャボン玉」を発表しました。5年生はこの日のために、音楽の時間等で何回も練習し、当日のリハーサルを経て、午後の本番のステージでしっかりと発表し、記念音楽会を盛り上げてくれました。

クリックしていただくと「ぼくのグローブ」の歌入り動画を再生します。約1分  ※音楽著作権を所有している中野市の了解を得ています。

  ステージで歌う5年生

 

◆2015年1月23日(金曜日)

アンサンブルコンテストに参加しました・・・合唱団

 1月17日(土)、須坂市メセナホールでアンサンブルコンテストがありました。延徳小合唱団は、代表で2チーム(24名)のみなさんが出場しました。曲は「烏かねもん勘三郎」と「一番はじめは」です。
 歌い終わった後「緊張したー」といっていましたが、どちらのチームもとても揃った演奏で、ホールに歌声が響き渡っていてすばらしかったです。
 結果は「金賞」と「銀賞」でした。来年は、どちらも「金賞」がとれるように、さらに頑張っていきたいですね。

クリックしていただくと、Bチーム[カラスかねもん勘三郎」の歌入り動画を再生します。歌の後半、約50秒 1/15全校音楽

1/15 全校音楽での発表の様子
 Aチームに銀賞授与(校長室)
  Bチームに金賞授与

 

◆2015年1月22日(木曜日)

「新年集会」・・・怪人・星人も出現した児童集会

 1/22(木)の朝の時間の児童集会は「新年集会」として行いました。まず給食委員会から「給食週間」の取り組みとして劇による発表がありました。給食できらいな物を残すと「にんじん怪人」や「ピーマン怪人」が出現し、それを退治するために「おにぎり星人」が現れ、おにぎりビームを浴びせてやっつけるというものです。また、給食がどうして始まったかの話などもあり、給食について改めて考える機会になりました。
 次に、代表委員会から1月の月目標についての発表がありました。1月の月目標は「さしすせそ」の文字から始まる「さあ 新年 すてきなあいさつ 全校に! そーれ、元気にスタートだ!」です。「あいさつは友だち作りの第一歩、みんなで気持ちのよいあいさつをしていきましょう。」と、改めて呼びかけがありました。
 その後、児童会4役による新年にちなんだゲームということで「だるまさんが転んだ」に少しやることを付け加えた「鏡餅が転んだ」というゲームをしました。オニが言った数字だけジャンプしてから何かポーズをとってそのまま動かない、というやり方です。我慢と集中が大事なゲームでしたが楽しくできました。最後は今月の誕生日の人達に立ってもらい、みんなで拍手でお祝いしました。

  全員、正座して新年の挨拶
 きらいな物を残すと怪人が出現
怪人をやっつける「おにぎり星人」
1月の生活目標の紹介・呼びかけ
  「鏡餅が転んだ」ゲーム
1月の誕生日の人達を拍手で祝福

 

◆2015年1月8日(木曜日)

今日から3学期・・・新年にあたり夢をもって!

 

 本日、1/8(木)から3学期が始まりました。正月休み中も雪降りの日が続くなど例年よりは積雪は多かったと思われます。しかし、中野市でも南部に位置する本校は、校庭に積もった雪もわずかで、地面も少し見えています。子ども達は、インフルエンザ等で欠席の人も数人いましたが、元気に登校してきました。
 始業式ては、校長先生から新年・新学期にあたって夢のお話がありました。初めに、校長先生自身の小・中・高・大学のそれぞれの時代で抱いたいろいろな夢の紹介がありました。次に、大勢の人が知っている有名人の夢の話がありました。レスリングのオリンピック3大会で連続金メダルをとり、国民栄誉賞にもかがやいた吉田沙保里選手は、柔道の谷亮子選手のようになりたいという夢を抱いて努力し、それを成し遂げたというお話でした。
 子ども達に、「今、何か夢がある人?」という問いかけに、1/3位の子ども達が手を挙げました。小さくてもいいので夢をもち、それをかなえるために努力していきましょう、という主旨のお話でしたが、今は夢が特にないという子ども達も、何か夢をもち、意欲的にいろいろなことに取り組んでいってほしいと思います。

  校庭はうっすらと積雪
  校長先生の夢のお話
廊下に掲示された書き初めの様子

四字熟語での新年の目標の書き初め

  低学年の硬筆での書き初め

休み中の工作も展示され始めています