3年生

◆2014年10月10日(金曜日)

外部講師の方の指導で演劇ワークショップ体験  3年生

 3年生は学級経営の一環で、「総合的な学習」の一つとして演劇に取り組んでいます。10/9((木)には5名の方が指導に来校されました。NPO法人「PAVLIC」と長野市のその関係者の皆さん方です。胸には子ども達はガムテープで作った名札を着けていますが、指導の皆さんも「こ~ちゃん」というように名札が着いています。もう何回か一緒に活動しているためか、その人達と子ども達はとても仲良しになっています。
 初めは仲間集めゲームなどを楽しみ、その後、6~7人ずつの4つのグループで、ジェスチャーゲーム的な活動に取り組みました。今回は、グループ別に「木」や「氵」など漢字の一部を元に、それが入った漢字を考え、その漢字を体を動かして表現し、見ている他の人達に当ててもらおうというものでした。
 子ども達はいきいきと楽しそうに、そしてみんなで協力して表現しようと頑張っていました。この活動が始まったのは昨年度末頃、担任の先生のお話ですと、指導の皆さんとのちょっとしたつながりからだったようですが、現在、これらの活動を通して人間関係作りにもとてもいい影響が出ているということです。

   グループ作りゲーム
  漢字ゲームで相談中
「氵」の付く字「波」の練習中
「火」の付く字「秋」「畑」の練習
  靴を並べて「橋」のイメージ
「氵」グループ「波」「海」の発表
  波のうねりを表現
 引いていく波の表現