ちょっと聞いて

◆2012年1月31日(火曜日)

6年生 期待を胸に抱いて進んでいこう!

中学校説明会に行ってきました。保護者の皆さま,お疲れ様でした。

中学校の授業の様子を見て、「数学で、円柱や三角柱をやっていてびっくりした。小学校でやったことを中学でもやるんだ。」「中学校はもっとちんやりしているイメージだったけど、笑って楽しそうにやっていたから安心した。」「目覚まし時計作りが楽しそうだった。私も作りたいなあ。」と期待する気持ちをもてたようです。
「英語とか授業が速く進んでいて、ついていけるかなあとちょっと心配になった。」と感じた子どももいたようですが、授業参観後にあった、中学1年の学年生徒会のみなさんや先生からの話を聞いて、「大変そうだけど楽しみだな」「そんなに心配しなくても大丈夫なんだな」と安心感を覚えて帰ってくることができた子どもが多かったようでよかったです。
説明会では、中学1年生の先輩がサプライズで合唱を聴かせてくれました。
男子の声もしっかり聞こえてくる力強い合唱でした。
その歌が、子どもたちにとって一番うれしい応援だったようです。

中学校の先生からは、「やりたいことをはっきり持って自分で取り組んでいくことが大切。自分で決め、自分から取り組むことが大事になる」「1日の生活は確実に忙しくなるから、生活のリズム、特に早起きのリズムを今から作っておこう」「困ったことがあったら相談できる、話せるということも大切」という話がありました。
心に留めておきたいことです。
質問の時間には、中野小・日野小と大勢いる中で延徳小の子どもたちが進んで挙手していました。
その様子を見て、とても安心しました。

中学校でもこの姿勢を大切にしていってくれたら、と思います。

 

◆2012年1月31日(火曜日)

スキー教室も天気になあれ☆

 校庭にもたくさんの雪が積もり、毎日多くの子が休み時間になると雪遊びをしています。斜面を利用したりっぱなそり山もできています。校舎から校庭へ下り階段も雪に覆われたため、階段でそりすべりをする子もいました。少し段々があるため、ガタンガタンと跳ね上がり、スリル満点なようです。
 今日の午前中は、真っ白な雪の反射がまぶしいくらいの青空が、久しぶりに広がりました。金曜日のスキー教室も、よい天気に恵まれますように☆

 

◆2012年1月30日(月曜日)

1年生 スキーの練習始めたよ

今週末3日(金)は、スキー教室です。一年生にとっては、初めての行事。そこで、今日から、雪がたくさん積もった中庭でスキーの練習を始めました。初日ということもあり、スキー靴を履くのもひと苦労。立っているのもやっとです。それでも、「いちに、いちに。」と、少しずつ歩く練習をしました。ここ数年、この時期に雪が少なくて、事前に練習をすることができなかったのですが、今年は、たんさん練習できそうです。

 

◆2012年1月29日(日曜日)

インフルエンザを吹き飛ばせ

 延徳小学校でも,インフルエンザの流行がはじまっています。感染力が強いため,かかってしまうことは仕方がないことですが,少しでも感染拡大を防ごうと,一日に何回も手洗いやうがい,除菌を行っています。現時点の様子では,週明けは欠席児童が減少しそうです。このまま,終息に向かうことを願っています。

 

◆2012年1月28日(土曜日)

5年生 児童会四役 全員信任されました!!

「ずいぶんと立派な演説だったね!!」

今週の水曜日に行われた立会演説会の後,何人かの先生方に声をかけられました。

今年度の立会演説会は,低学年の子どもを中心にインフルエンザが流行してしまったため,テレビ放送で行われました。
立候補者と推薦責任者のやる気や迫力が伝わるか心配していただけに,その言葉は私にとっては嬉しいものでした。

そして,テレビ放送の後,3年生以上の各教室で投票が行われ,2時間目休みに開票が行われました。「まあ大丈夫だろう」とは思っていましたが,信任が決まった時は私もすごく嬉しかったです。

その日の帰りの会では,「ぼくの(私の)ために,応援してくれてありがとうございました」と立候補した子どもが,みんなに感謝の言葉を述べていました。
また,その日の生活記録には,多くの子どもたちが「4人とも信任されてよかった。」とまるで自分のことのように喜びを記していました。

来週には,10個ある委員会の委員長と副委員長を決めます。
そして,来々週には平成23年度後期児童総会が行われ,そこで,5年生の新役員が紹介され,6年生から児童会を引き継ぎます。

 

◆2012年1月28日(土曜日)

テスト

携帯からの投稿テスト

 

◆2012年1月28日(土曜日)

5年生 中山晋平記念音楽祭に参加しました

中山晋平記念音楽祭に参加してきました。3学期に入ってから歌い始めた「やさしい森」は、野沢小学校の4年生が作った曲だそうです。曲を作った子ども明日の音楽会に参加するようで,クラスの子どもたちは,野沢小の4年生を「『こんなにいい曲なんだ!!』と感動させたい。」そう意気込んで練習を重ねてきました。当日は,作曲者の市川さんが隣で聴いていたためか,やや緊張した雰囲気でしたが,持ち前の美しい歌声で,精一杯歌いきることができました。ホールいっぱいに5年生のハーモニーが響き渡って,とても素敵な時間をすごすことができました。

 

◆2012年1月27日(金曜日)

6年生 カウントダウンがはじまりました

26日(木)、卒業式までいよいよクラスの人数と同じ35日になりました。あと35日目担当の子が、「残り少ない35日間を35人で過ごせるように健康に気を付けていきましょう」というメッセージをみんなに伝えてくれました。
その言葉にあるように、インフルエンザや風邪が流行し、6年生も昨日は7人がお休みとなってしまいました。それでも教室の中には、28人います。だけど、教室内がものすごくガランとして寂しく感じます。「1人1人の存在って、自分が思っている以上に大きいっていうことがわかるよね」という話をしました。今週お休みになってしまった友だちも、月曜日からは登校できそうです。今元気なみなさんも予防に努め、小学校最後のスキー教室に全員で行きたいですね。

 

◆2012年1月26日(木曜日)

3年生 えのきだけ工場見学

社会科の学習で、ケーアイ・オギワラさんのえのきだけ工場へ見学に行ってきました。
中野市でとれる主な農産物の中でも、えのきだけは全国一位(生産量)であることを学習していたので、そのえのきだけは、どういうふうに作られるのか、また、登下校のときに目にしている工場の中は、どうなっているのか、興味津々でした。

出荷できる大きさまで育成している大きな部屋の広さにびっくり。さらに、「一日にこの工場から出荷されている数はビン六万本分です。」と聞き、その量を目で見て実感してびっくり。最初は圧倒されてばかりいた子どもたちですが、次第にいろいろな疑問がわいてきて、工場の方に積極的に話しかけ、質問をしていました。

収穫されたきのこが、ラインにのって次々に流れてきて機械で計量される様子、パッケージされる様子に目が釘付けでした。
機械の多さにも驚きましたが、紙巻きや収穫など、手作業でしていることも多く、その正確さや素早さにすごいなあと感心していました。

 

◆2012年1月25日(水曜日)

児童会 立会演説会と選挙速報

本日、児童会の立会演説会がありました。風邪流行のため、テレビ放送で演説を行いました。どの候補者も、6年生が築き上げてくれた児童会を引き継ぎ、もっとよくするために、こんなことをしたいという具体的な案を持った、力強い演説でした。
演説後、クラスごとに投票を行いました。はじめての投票となる三年生は、急きょ、廊下に仮設投票所を設けて、一票を投じました。

二時間目休みに、選挙管理委員会が開票を行い、お昼の放送で結果を発表しました。
結果は、会長候補、副会候補、議長候補、副議長候補の4名のいずれも、多数の票を獲得し、信任されました。

 

◆2012年1月24日(火曜日)

6年生 児童会のバトンタッチも近づいています

3学期のスタートとともに、5年生中心に児童会役員選挙に向けた活動が始まりました。

今週は、役員候補者が告示され、選挙運動も始まりました。
来週には立会演説会・投票が行われ、来年度の4役が決まります。

ちょうど1年前、緊張しながら臨んでいたであろうこの子どもたち。
この1年、過ぎてみれば早かったと感じているのでしょうか。
6年生で進める委員会は、あと31日の1回となります。
先輩たちから受け継いだ伝統や、今年度自分たちで創り上げて残したいものをよい形で5年生に引き継げるように、まとめに向かっていきたいと思います。

今週は、児童集会がありました。
飼育委員会は、多くの人にアイガモとふれあってもらえるように「アイガモ週間」を企画しました。
アイガモに関心をもってもらえるようにとクイズを取り入れながら、楽しく企画のPRをしてくれました。
運動委員会は来週から、全校縦割り班での玉入れマッチを計画しています。
実演を交えてやり方をわかりやすく説明してくれていました。
計画委員会は、お正月に関する○×クイズを出して盛り上げました。
「元日と元旦は同じ意味である。○か×か?(答えは×。元日は1月1日のことで、元旦は1月1日の朝のこと)」といった勉強になる問題や、「鏡餅の上に主に載せる果物は、マンゴーである」といった愉快な問題などを、5人でよく工夫して作ってくれてありました。

現委員会での最後になるであろう活動に向かって、精一杯取り組もうとしている子どもたちです。

 

◆2012年1月24日(火曜日)

4年生 みんなで大縄跳びがんばっています

2学期末から、体育集会で取り組み始めた大縄跳び・・・
今週は、2回目のチャレンジでした。

4年生の1回目の記録は、250回。
この記録に、子どもたちからは、「3年生の時の方がたくさん跳べた」「先生、もっと、縄を速く回してよ」などの声が上がりました。
「うまく跳びたい!」「たくさん跳びたい!」という思いは、みんなもっていますが、大縄が得意な子、苦手な子・・・いろいろな子がいます。

苦手な子たちが、「がんばろう!」「できた!」という思いを感じることができるように、そして、得意な子どもたちも苦手な友だちに寄り添うことができるように、この「大縄跳び」に取り組むことができたらいいな・・・と思っています。

そこで、1回目の記録を受けて、3学期、それぞれのクラスに「縄跳び係」を設けました。
その縄跳び係が、「苦手な子がタイミング良く跳ぶことができるように、後ろの友だちが、背中を押してあげればいい」と、跳ぶ順番を考えてくれました。
そして、学年で練習し、むかえた2回目のチャレンジ。

記録は、300回でした。
1回目よりも50回も記録を伸ばすことができました。
「すごい!」と担任たちは、喜んだものの、子どもたちは、まだまだ満足していない様子。

子どもたちのやる気を大切に、みんなで支えあいながら、記録を伸ばしていけたらいいなあと思います。

 

◆2012年1月23日(月曜日)

伝統をつなげる あさがお文集

 延徳小学校では、全児童、全職員が寄稿をし「あさがお文集」を制作しています。伝統的な文集で、図書館には過去の文集が保存されています。「あっ、お父さんの文あった!へえ、三年生でSBC見学へ行ったんだ。」延徳小出身のお父さんやお母さんの文章を見つけて盛り上がることもあります。
 今年も文集の制作が始まりました。ローマ字を習いたての3年生もPC入力に挑戦しました。一文字一文字、キーボードとにらめっこ。「頭の中がローマ字だらけで、もうダメ~。」「あ~、肩凝った。。。」楽しんでいたものの、慣れない作業にとても疲れたようです(^_^;)

 

◆2012年1月23日(月曜日)

2年生 味噌作りをしました

先週の金曜日,生活科の学習で,収穫した大豆で味噌づくりをしました。
小林醤油店さんに教えていただきながら,みんなで楽しくつくることができました。

小林醤油店さんから,最初に味噌ができるまでの流れや,味噌が体にとてもよい食品であることをお話ししていただきました。
それからいよいよ,実際に味噌づくりを行いました。
小林醤油店さんのほうで,事前に大豆を蒸していただいていたので,つぶすところから始まりました。
つぶす前に,実際に蒸した大豆を少し味見させていただきました。
大豆の優しいふんわりとした甘さにどの子も「美味しい!」と思わず声が上がりました。
つぶす作業は,手動の機械を使って昔ながらの方法で行いました。
機械のハンドルを回すとき,思った以上の力が必要です。
どの子も一生懸命,頑張って回していました。
つぶれた大豆が出てくると,歓声が上がりました。
「スパゲティーみたい。」
「にょろにょろしていておもしろい。」など,口々に話しながら大豆が変わっていく様子を面白そうに見ていました。

大豆をつぶした後は,大豆と塩と米こうじを混ぜ合わせました。
米こうじの臭いに思わずびっくりする子どもたちでした。
「お酒の臭いだ!」などと話す子もいました。

混ぜ合わせる作業は,班ごと順番に行いました。
粘土をこねるように,みんな楽しそうに行っていました。
ぬるぬるとした感触を楽しんでいるようでした。
「餃子をつくるときみたい。」と話す子もいました。
この混ぜ合わせる作業は,案外,力を使います。
下から上へ,どの子も一生懸命頑張っていました。
お陰で,とてもしっかりと混ぜ合わせることができました。

その後は,自分たちの用意したペットボトルにビニールの袋を入れ,そこに味噌を入れていきました。
まだ発酵していないので,味噌の赤ちゃんです。
この味噌の赤ちゃんの味見も少しさせていただきました。
「味噌の赤ちゃんも美味しいね。」と嬉しそうに話す子もいました。
この味噌の赤ちゃんを自分のペットボトルにとても大事そうに入れている子どもたちでした。
一人300グラム入れました。
たくさん入れたつもりでも,まだ150グラムしか入っていなかったり,量りで何度も量りながら,300グラムという重さを実感することができました。

最後に,小林醤油店さんに一人ひとりのペットボトルに紐で縛っていただきました。

これでとりあえず出来上がりです。
4月頃まで,ゆっくり寝かせておきます。
「早く食べたいなあ。」「早くお家に持って帰りたいなあ。」「3ヶ月も待てないよ・・・。」など,どの子も最終の出来上がりが待ち遠しいようです。
とても嬉しそうな表情の子どもたちでした。

一人ひとりがつくった味噌はお土産用で,その他に学級用として3キロつくりました。

完成したらみんなで楽しみにいただきたいと思います。

最後に,この味噌づくりでは,小林醤油店さんには,準備の段階から大変お世話になりました。
つくるときも,子どもたちに本当によく分かりやすく,丁寧に教えてくださいました。

これから子どもたちは,味噌を食べるときには,きっとこの日のこの学習のことを思い出すことと思います。

 

◆2012年1月22日(日曜日)

スキーボランティアの保護者のみなさん,ありがとうございました

先週の木曜日に,スキー教室でお世話になる保護者の方々にお集まりいただき,打ち合わせ会を行いました。大変お忙しい中,ありがとうございました。

保護者の方のお力添えがあるからこそ,少人数でスキー教室が行えます。
ありがたいです。
お世話をしていただく保護者の皆様も含め,当日,よろしくお願いいたします。

 

◆2012年1月22日(日曜日)

アイガモ週間

「 なっ、なんか、この頃、二時間目休みになると賑やかだよね?」
「そうそう、いつもは見かけない子が多いんじゃない?」
「なんでも、飼育委員会企画の『アイガモ週間』なんだそうよ。」
「へ!そうなの?ど、ど、どうする?」
「この寒い中、来てくれるんだもの、サービスしましょう!」
「どうぞ、捕まえて~。」
「飛ぶところも特別お見せしましょう。」

「みなさんいい?はい、チーズ」

「あら、おなか丸出しになっちゃった。」
「ついでに羽毛、触ってみて。ね、気持ちいいでしょう。」

「エサあげ体験もしているって聞いたのですが・・・・」
「サービスのご褒美よね!わーい!」


「あ~っっっ!やぎさんたちが、食べちゃってる!」(^_^メ)

 

◆2012年1月21日(土曜日)

いくらなんでも…

食卓にのって食事してはいけないって,お母さん,教えてあげてね…

 

◆2012年1月20日(金曜日)

1年生 そりすべり

そり遊びをしました。最初は急坂をみて怖いと言っている子がいました。中にはそりを放って、ジャンパーごとペンギンみたいに寝そべって滑り降りる子がいました。スリル満点でした。1時間の最後に「もうやめるよ」というと、怖がっていた子もすっかり慣れて、もっとやりたそうな様子でした。また、雪が降ったらやります。

今度の生活科は、室内で遊べる冬のおもちゃを作る予定です。牛乳パック・ストローを使います。  

 

◆2012年1月20日(金曜日)

5年生 平成24年度児童会役員選挙運動始まる!!

 昨日から,選挙運動がはじまりました。選挙は信任投票ですが,クラスで一致団結して,立候補者が信任されるように運動をしています。朝から「おはようございます。○○さんに一票をよろしくお願いします」「おはようございます。延徳小をさらにいい学校にするため1年間精一杯がんばります。よろしくお願いします。」そんな元気な声が学校中に響いています。

 「大変な仕事を自分がやる」そんな覚悟をもった子どもがたくさんいるクラス,そして,自分は選ばれなかったけど選ばれた友だちを気持ちよく応援できるクラス,そして,協力し団結して大きな力を発揮できるクラス,そんなクラスになってきたことが本当に嬉しいです。子どもたちのプラスの力が重なり,固いスクラムのもと子どもたちは生き生きと選挙運動を行っています。

 

◆2012年1月19日(木曜日)

毎年,恒例の…

先日の雪で,学校の校庭に続く坂が,特設のゲレンデになりました。
実はこれ,真夜中に除雪作業をしてくださっている,桜沢の竹内組の方が雪を落とし,作ってくださっています。

毎年,休み時間になると元気な子どもたちが集まってきて,賑わっています。
そりを使って滑っている子もいるのですが,頭から真っ逆さまに,ボディーボードのようにすべり落ちてくる子もいます。

今年は,その数が多いような…。


 

1 / 212