4年生

◆2011年11月15日(火曜日)

4年生 歯科指導がありました

今年は、「かむことの大切さ」を中心に教えていただきました。
「かむこと」には、以下の様な8つのいいことがあるそうです。(もうすでに、子どもたちから話を聞いていらっしゃるかもしれませんが・・・)

1.「ひ」肥満の予防・・・太らない
2.「み」味覚の発達・・・味がよくわかる
3.「こ」言葉がはっきり・・あごが大きくなって、歯並びもよくなり、言葉がはっきりする
4.「の」脳の働きがよくなる・・・学習能力が高まる
5.「は」歯の病気予防・・・虫歯や歯周病を防ぐ
6.「が」ガンの予防・・唾液の成分がガンの元をやっつける
7.「い」胃腸にやさしい・・胃腸の消化を助ける
8.「ぜ」全身元気いっぱい・・身体全体に関わる大切な働き

「卑弥呼の歯がいーぜ!」という合い言葉とともに、「かむことの大切さ」を学習した子どもたち・・・
次の日、
「今日の朝ご飯、いつもより、たくさんかんで食べてきたよ!お米が甘かった!」
「昨日、教えてもらったことを考えながら、ご飯を食べたよ!」
など、多くの子どもたちが、今まで考えることのなかった「かむことの大切さ」を意識したようです。

これから、大きく成長していく子どもたち。
かむことを意識し、食後の歯磨きをしっかりと行うことで、健康な体をつくってほしいです!