クラブ

◆2011年11月6日(日曜日)

合唱団、ミュージッククラブ、職員の音楽会♪

 音楽会では、ミュージッククラブの発表もありました。発表した曲は

プログラム№7 合奏 アフリカン・シンフォニー  です。

 高校野球の応援歌の定番なので、耳にして「あ、知ってる!」と思われた方も多いのではないかと思います。ステージに注目すると、キーボードや木琴などのまわりにいくつもの打楽器を置いて演奏していて、総勢7名とは思えない多種多様の音が響きました。

 職員が発表した曲は、

プログラム№12 お話と合奏 私はだれでしょう  です。

 お話というより、お笑い満載の寸劇でした。やんちゃな子ども(役)にてんてこ舞いの体育の先生、かわいいアイガモたちとヤギたちの世話をする動物園の飼育員さん、最後には、延徳なんちゃってバンドが登場し、ドラム&SAX&Eギター&シンセサイザーを中心に「TRUTH」(F1のテーマ曲)を職員全員で演奏しました。音楽会の会場が一瞬、お笑いの舞台やコンサート会場に変身した楽しいプログラムでした。

  オープニングのドレミの歌でもステージに立ち、全校の合唱をリーしてくださった合唱団のみなさん。発表した曲は、

 プログラム№6 合唱 いのちの歌

     №13 三部合唱 マホウツカイの日々  です。

 音楽会後、子どもたちから「合唱団の歌声は、きれいで迫力もあってすごかったです。」「ぼくたちも、もっと歌が上手になれるように、合唱団と同じ発声練習をしたい。」という感想が寄せられた通り、日々の練習で磨かれてきた歌声、強弱のつけ方、曲想の表現力など素晴らしく、とても聴きごたえがありました。延徳小学校の全校の歌声を下からしっかりと支えリードしてくれていることを実感しました。